ターンオーバーが乱れて肌の調子が悪くなってきたと感じたら、どんなスキンケア方法があるのでしょうか。
ターンオーバーを改善するのにピーリングが効果的と聞いたことがありますが、それは本当なのでしょうか?

◆ピーリングってなに?

そもそもピーリングとは化学成分によって古い角質を取り除く方法です。
病院やクリニックで施術してもらうこともできますが、最近では自宅でもできるピーリングアイテムも増えてきましたよね。

ピーリングは即効性が高いスキンケア方法です。
・肌のくすみが改善する
・毛穴の汚れがキレイになる
・肌がツルツルになる
などの効果をすぐに実感できるということで、若い女性を中心に人気があります。

◆ピーリングはターンオーバーに効果があるのか

ターンオーバーが乱れている場合、肌に古い角質が残っているためにゴワゴワしたりくすみが目立ちますよね。
古い角質を除去できるピーリングは効果がありそうですが、実際にはどうなのでしょうか。

ピーリングをすると強制的にターンオーバーが行われるため、確かに肌の表面には新しい角質が出てなめらかになります。
ターンオーバー効果はあると言ってよさそうです。

実際にエステや病院ではピーリングを施術しているところが多いですし、肌が生まれ変わったようだと実感できている方も多いんですね。

しかし、ピーリングをする際にはいくつかの注意が必要です。
なかにはピーリングをしない方が良い肌質の方もいますので、注意点を確認してみましょう。

◆ピーリングの注意点

ニキビ肌や乾燥肌の方はピーリングに不向きです。
というのもニキビがある肌にピーリング薬剤を塗ると炎症が悪化する恐れがありますし、乾燥肌の場合にはさらに乾燥しやすくなってしまうからです。
このような肌質の方はピーリングしないことをおすすめします。

自宅でピーリングをするなら週に1回が目安です。
こまめにピーリングをすると肌のターンオーバーがかえって乱れてしまい、乾燥やしわの原因になってしまいます。
特に角質が溜まりやすいのでなければ、月に1回だけケアするようにしましょう。

ピーリング後の肌は非常にデリケートな状態になっています。
ちょっとした刺激であってもダメージを受けてしまいますので、保湿と紫外線対策は必ずするようにしてください。
ピーリングをしてから数日間は角質がはがれやすくなっています。
毎日たっぷり保湿をして、外出時には忘れずにUVケアをしましょう。