ターンオーバーは睡眠によって大きく左右されるそうなのですが、それはなぜなのでしょうか?
くすみや肌荒れで悩んでいる方に知ってほしいターンオーバーを睡眠の関係性をまとめてみました。
寝不足がちな女性は必見ですよ!

◆肌のゴールデンタイムって知ってますか?

肌のゴールデンタイムって聞いたことがあるでしょうか。
実はこれ、肌の再生を促す作用のある成長ホルモンが分泌される時間のことなんです。

肌のゴールデンタイムは一般的には夜の22時から2時までです。
この時間に睡眠をとることによって美肌をキープできるんだそうですよ。
最近では入眠後3~4時間後ともいわれていますが、夜更かしは肌荒れのもとになりますのでやはりこの時間帯に睡眠をとっておくのが良いと思います。

◆ターンオーバーが活性化する!

ゴールデンタイムは1日のなかで最もターンオーバーが活性化する時間だとも言われています。
なぜターンオーバーが活性化されるのかというと、成長ホルモンが分泌されることで新陳代謝がアップするからです。

ターンオーバーは肌をキレイに保つために不可欠なサイクルですから、活性化する時間を無駄に過ごすのはもったいないですよね。
肌の調子が悪いときには確実に22時までに寝るようにしたいですね!

◆睡眠不足は肌トラブルの原因になります!

睡眠不足はターンオーバーが乱れるだけではなく、さまざまな肌トラブルの原因になります。
代謝機能が低下することで血行が悪くなりクマやくすみができてしまったり、肌が乾燥しがちになることも。
また、男性ホルモンが過剰に分泌されるので肌の油分が多くなり、ニキビの原因にもなりかねません。

睡眠が足りていないと全身のコンディションが下がりますから、美肌を保つためにも睡眠時間は最低6時間は確保するようにしましょう!

◆毎日の睡眠リズムを決めよう!

睡眠は毎日とるものですが、平日と週末で過ごし方が変わるという方も少なくありません。
睡眠リズムが不安定だと成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまいますので、毎日決まった時間に寝るようにしましょう。
体内時計の働きを整えると睡眠の質も上がります。
より質の良い睡眠をとることでターンオーバーも活性化されますよ。

良い睡眠をとることはスキンケアよりも美肌効果が高いそうです。
成長ホルモンの分泌を促してターンオーバーを整えれば、ニキビやくすみなどの肌トラブルを解消することができそうですね。
睡眠を見直して、ぜひお肌に良い生活を心がけてみましょう!