顔のシミはターンオーバー不足によっても発生しますが、年齢によってその周期が変わるのは知っていましたか?
今回はターンオーバーの周期を年齢別にチェックしてみたいと思います!

◆ターンオーバー周期の比較まとめ

ターンオーバーとは古い角質が自然に剥がれ落ちて、新しい肌に生まれ変わるサイクルのことをいいます。
古い角質とともにメラニンや皮脂、老廃物などの余計なものがなくなるので、ターンオーバーが正常に機能している肌ほどトラブルが少ないと考えられています。

では、ターンオーバーのサイクルは何日周期でやってくるのでしょうか?
年齢ごとの周期をまとめてみましたので確認してみてください。

・10代 20日間
・20代 28日間
・30代 40日間
・40代 55日間
・50代 75日間
・60代 100日間

周期は年齢によってかなり差があるということが分かりますね。
一般的に言われている周期は28日間ですから、年齢でいうと20代のサイクルを基準にしていることになります。

◆ターンオーバー周期を早めることは可能?

ターンオーバーが正常である場合には周期を早める必要はありません。
しかし、年齢よりも明らかに周期が遅い場合には、新陳代謝を活発化させてターンオーバーの周期を正しく戻してあげる必要があります。

▽睡眠をたっぷりとる
ターンオーバーは睡眠中に行われています。
ですから、なによりも睡眠をたっぷりとることが大切です。
睡眠時間は最低でも5時間以上とるようにし
肌のゴールデンタイムである22~2時に寝る習慣をつけるだけでも
肌の変化を実感しやすくなりますよ。

▽角質ケアをする
古い角質が自然に剥がれないのであれば、角質ケアをして強制的にターンオーバーさせるのも方法のひとつです。
角質ケアとしてはピーリングが有効です。
角質を溶かすことによってターンオーバーを促せますので、週に1回程度を目安に角質ケアをしてみましょう。

▽ビタミンを摂取する
肌のターンオーバーを促進する栄養素といえばビタミンです。
ビタミンA、B群、C、Eを積極的に摂るようにしましょう。
また、亜鉛などのミネラルやタンパク質を摂取するとさらに良いですよ♪

▽スキンケアは丁寧に!
スキンケアが不十分だと肌のバリア機能が低下してしまいます。
肌の状態に合わせて保湿しつつ、丁寧にスキンケアを行いましょう。
洗顔やクレンジングの成分によっては必要なバリア成分を落としてしまうことがありますので、肌への負担が少ないものを選ぶようにしてください。

ターンオーバーは年齢によって周期が異なるため、年齢を重ねるほどに肌のトラブルを解消しにくくなっていきます。
正しいターンオーバーのサイクルになるよう、日頃から気を付けていきたいですね。